FC2ブログ

2010-02-19

これはおもしろくなりそうだ

とある会報誌で、ちょっといい話見つけました

  
 
わが社では、『これはおもしろくなりそうだ』というモットーをつくったことがあります。

これはどういうことかと申しますと、アメリカで、スピードを出し過ぎた若い青年がカーブを切りそこなって、停まっている車にぶつけるという事故が起こったんです。

その時にぶつけられた人が、その青年をつかまえて「おれの停まっている車にぶつけやがって、けしからんじゃないか」と言って怒ってもいいかもしれないのに、


「これはおもしろくなったな」


と言ったんです。


いらいらして怒ってみても、すでに起こってしまった事件に対しては、けんかをしてみたところで始まらないんです。

「けがをしなかったか。けがをしなかったらいいじゃないか。後の処理は保険会社にまかそうじゃないか」

と言って、笑って問題を解決する。



新聞記者が飛んできて、事故が起こったからというからどんなけんかになったかと思っていたら、


「これはおもしろくなりそうだ」

と言ってにこにこして対応していたので、どうしてそんな気持ちでいられるのかと聞くと、


「私は十六の年からこの青年のようによく働いた男だ。

 その自分がいつもけんかばかりしていた。

 六十過ぎのこの年になってやっとわかったのは、

 けんかをしても問題の処理にならないということだ。

 起こったことはもう取り返しがつかないけれども、

 それを笑って、これはおもしろくなりそうだと思って相手と話し合いをしたら、円満に解決がつくじゃないか。

 これがおれの主義になった」と。

いやなこと、苦しいことが起こってくると自分で自分に、これはおもしろくなりそうだと言い聞かせるそうです。


我が社でも、初期の時代に毎晩残業が続きました。

そうすると「これはおもしろくなりそうだ」と言って残業するんです。

そうすると残業してるのが本当におもしろくなってきます。

しなきゃならない仕事なら喜んでやろうじゃないかと。

いやいややっているのと、「これはおもしろくなりそうだ」と喜んでやるのとでは違ってくるのです。


  

というお話でした。

ぼくたちは普段の生活でいろんなことをして生きているけれど、

あれもこれもやらなきゃいけないことがいっぱい!と思うと気分が滅入ってきます。

そんなときに「これはおもしろくなりそうだ」と思ってやってみると気分が変わります。

同じことをするにも、それをする人の気持ちひとつで全く気分が変わりますね。

今日もこれから夜な夜な確定申告の資料作りです。

「これはおもしろくなりそうだ」
スポンサーサイト



テーマ : 癒し・ヒーリング
ジャンル : 心と身体